ダイエットよくある質問

車を維持していくための節約術をご紹介。私の経験も踏まえて役立つ情報などを配信しております。

MENU
愛車を長く乗り続ける。楽しいカーライフのための節約術 TOP  >  安全運転  >  ペダルの見張り番。確実に取り付けできない車の見分け方

ペダルの見張り番。確実に取り付けできない車の見分け方

何度か紹介している「ペダルの見張り番」ですが、少しずつ適合も増えてきてメーカーの在庫も安定しており納期に時間がかかるというのはだいぶ少なくなっているようです。そんな中、つい先日もこの「ペダルの見張り番」がTVで紹介されていました。果たして自分の車に取り付けは出来るのだろうか?今後適合が追加されて取り付けできるのかな?と気になっている方の為に今回は確実に取り付けができない車の見分け方をご紹介したいと思います




 

2019年に入り、また注目を集め出し現在は欠品が続いています。納期が2〜3ヶ月待ちが多いので気になったら早めにお店で話を聞いてみてくださいね

 

適合検索はこちらからどうぞ

 

アクセルワイヤー式だと取り付けできない

取り付けができない車の見分け方はエンジンルームを見て頂き「アクセルペダル」と「エンジン」がワイヤーでつながれている「アクセルワイヤー式」の車だった場合は100%取り付けできません

 

まずはエンジンルームを見てみよう

これはマツダの車になります。この車だと「ペダルの見張り番」は取り付けできません。アクセルワイヤー式だからです。ではどれがアクセルワイヤーなの??ってあなたは下の拡大した画像を見てください。

 

これがアクセルワイヤーです。では横から見てみましょう。

 

運転席のアクセルペダルとエンジンがこのワイヤー1本でつながっており、アクセルを踏むと踏んだ量に応じてこのワイヤーが引っ張られます。最近の車では採用されておらずこのワイヤーでコントロールをしていた代わりに電気信号に置き換えられています。なので「ペダルの見張り番」のという商品を「アクセル」と「エンジン」の間に挟み込むことによって電気信号を「ペダルの見張り番」がペダルとエンジンの間に入り、信号を監視・制御して急発進をコントロールするというわけですワイヤー式の場合はこのワイヤーの伸び縮みにより車を加速しているので電気信号ではありません。この場合「ペダルの見張り番」は取り付けできないというわけですね・・・

 




もし適合表を見たり、お店の店員さんに聞いてみて適合がなかった場合、もしかするとこの「ワイヤー式」の可能性があります。それかメーカーの適合確認待ちのどちらかになります。気になったら1度エンジンルームをのぞいてみてくださいね。

 

ペダルの見張り番の仕組みってどうなっているの?実はこう動かしている

同じカテゴリー「安全運転」の一覧

全天球ドライブレコーダー Q-01 通販サイトから購入が可能に

ユピテルが発売している360度録画が可能な全天球ドライブレコーダー「Q-01」ですが今までは指定店での店頭購入しか方法がありませんでした。それがユピテルの公式サイトから購入が可能になっています。 &n […]

記事の続きを読む

ユピテル DRY-FH200ドライブレコーダーを無償交換へ

ユピテルが2012年10月~2013年8月にかけて発売をしていたDRY-FH200のドライブレコーダーを無償交換すると発表がありました。     内蔵されているリチウムポリマー電池 […]

記事の続きを読む
NO IMAGE

ペダルの見張り番。売り上げ金の1部を交通遺児等育成基金へ寄付

ペダルの見張り番を販売しているオートバックスセブン。売り上げ金の1部として100万円を交通遺児等育成基金へ寄付したと発表をしました。   もう各店舗でも在庫はかなり安定しているこの商品。私の […]

記事の続きを読む

ペダルの見張り番。確実に取り付けできない車の見分け方

何度か紹介している「ペダルの見張り番」ですが、少しずつ適合も増えてきてメーカーの在庫も安定しており納期に時間がかかるというのはだいぶ少なくなっているようです。そんな中、つい先日もこの「ペダルの見張り番 […]

記事の続きを読む
NO IMAGE

自動ブレーキ車の愛称は「サポカー」ペダル踏み間違い防止装置付きは「サポカーS」

国土交通省は自動ブレーキ装置を備えた「安全運転サポート車」の愛称を「セーフティ・サポートカー(略称・サポカー)」と命名したと発表しました。ペダル踏み間違い防止装置も備えた高齢ドライバー向けは「サポカー […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ばやっしーのプロフィール

車が大好きな30代の「ばやっしー」と申します。カーライフを楽しいものにするために役立つ情報をお届けしていきます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 愛車を長く乗り続ける。楽しいカーライフのための節約術

    ページトップ